メンズ

ランドネットの評判を知っておこう|投資のノウハウ

節税にも使えます

つみき

相続でも注目です

中古ワンルームマンションで不動産投資をする人が年々増えています。これは不動産市場が回復しつつあるということも要因の1つですが、一方で不動産投資のメリットに多くの人が気付き始めているということも理由として挙げられます。不動産投資のメリットというと安定した家賃収入が真っ先に挙げられますが、これ以外にもいくつかのメリットがあるのです。最近、注目されつつあるメリットは相続税の節税です。不動産を相続する場合には、特殊な計算を行い、相続税評価額を算出します。この場合、土地部分は売買価格の8割程度に、建物部分は売買価格の5割から7割程度となります。仮に1000万円の中古ワンルームマンションを相続する場合で、建物の割合が7割で、土地の割合が3割だとすると590万円から730万円程度の評価額となります。1000万円の現金をそのまま相続するよりも、納める相続税がはるかに少なくなります。また、相続税の基礎控除額が圧縮されたこともあって、相続税の節税対策を考える人が増えています。このような人たちが手軽にできる手法として、不動産投資を選んでいるのです。しかも、中古ワンルームマンションをいくつも保有していれば、遺産分割もスムーズに行うことができます。地方の地主の方がの中には、相続税の節税対策と資産運用を兼ねて、田舎にある広大な土地を売却して、その資金で都市の中心部にある中古ワンルームマンションをいくつも購入している人もいます。