メンズ

ランドネットの評判を知っておこう|投資のノウハウ

お互いに利益のある制度

マンション

家賃債務保証とは、保証会社が借主の連帯保証人を引き受けることです。それによって、借主は親や友人などに連帯保証人になってもらうことなく、賃貸借契約を結ぶことができます。また、家賃債務保証には貸主の方にもメリットがあり、例えば、借主が家賃滞納をした場合に、貸主の代わりに取り立てを行うことができ、一時的に保証会社が貸主に立替払いをすることもあります。さらに、保証会社が、住み替えの際に苦労することなく、簡単に入居者を探すことができることも貸主にとって大きなメリットであると言えます。このように、家賃債務保証とは借主の方にとっても、有益であると同時に、貸主にとっても非常に有益であり、保証会社にとっても同じく有益である、三者ともにメリットを享受することができる画期的なシステムです。例えば、借主の方が高齢者であった場合や外国人であった場合にも家賃債務保証のシステムを利用することで、問題なく入居することができます。貸主の方には、借主の方が、何度となく家賃滞納を行っていた場合、次の契約時に更新をすることができなくなるように保証会社が決定することができるメリットがあります。貸主にとって、借主が家賃を滞納することは、非常にストレスであることは間違いありません。そのストレスを軽減することはとても大切なことであり、家賃をしっかりと回収することは、不動産投資として利益をより効率的に生んでいくには大変大切な要素になってくるのではないでしょうか。